nth-childがうまくいかない、と思っている人へ。(過去の自分を含む)

あなたがやりたいことは実は、「nth-of-type」こっち、かもしれません。

nth-childはCSS3で使える擬似クラスです。
http://www.htmq.com/selector/nth-child.shtml

E:nth-child(n)は、疑似クラスの一種で、 n番目の子となるE要素にスタイルを適用する際に使用します。

どんな風に使うかというと。
まず、下記のようなhtmlがあるとします。

<div>
	<p>本日は晴天なり</p>
	<p>本日は晴天なり</p>
	<p>本日は晴天なり</p>
	<p>本日は晴天なり</p>
	<p>本日は晴天なり</p>
</div>

ここで、3行目だけ別の色にしたい、マージンを変えたい、ということがるときに、擬似クラスで下記のように書くことができます。

p:nth-child(3) {color: red;}

すると、 続きを読む nth-childがうまくいかない、と思っている人へ。(過去の自分を含む)

[ssba]

画像を挿入した時のリンク先変更方法3種

質問があったので、マニュアル用に覚書きです。

画像にリンクを貼る、ということがあると思います。
ボタンであったり、バナーであったり・・・。
そんな時、画像にリンクを貼る方法、3種です。
それぞれにちょっとした長所があるので、使い分けもいいかもしれないです。

続きを読む 画像を挿入した時のリンク先変更方法3種

[ssba]

特殊文字がエディターで入力できるか?

ユニコードがメインになって久しく、昔は苦労した特殊文字とかも使えるようになってきたよね、と思っているので、いろいろテストしてみます。

はしごだか 髙(高いの文字で、上の部分が繋がっているもの)

ローマ数字 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅵ Ⅹ (ローマ数字の読み方はFFで覚えました)

その他 ① ㈱ ㍿ ㎥

[ssba]

OS X El Capitanで追加された日本語フォントで表示

おそらく、Winユーザーさんにとっては、下記の表示全く意味をなさないということは100も承知ですが、表示テストも兼ねて実験です。

見た目こうなるはずです。
スクリーンショット 2015-10-09 15.19.14

スクリーンショット 2015-10-09 15.19.06

続きを読む OS X El Capitanで追加された日本語フォントで表示

[ssba]

メールアドレスの掲載方法② Javascriptで暗号化

9月になりましたね。本日は防災の日。
ということで、Webサイトの防災という意味で、スパムメールへの対策を考えます(無理やり)。

前回エンティティ化したものをエディターでも記述できるようにショートコードにしてみる、というやり方を提案しましたが、そのときに「それって対策として不十分でしょ」ということも合わせて書いていました。

なぜなら、エンティティ自体は割と簡単に元に戻せてしまうからです。
メールアドレスを収集しているロボットもいろいろでしょうが、エンティティぐらいでは対策にならない、という意見も聞きます。

より高度な対策としてあげられていたのがJavascriptでの暗号化です。

前回参考URLとして記載したサイトで生成が可能です。
http://www.luft.co.jp/cgi/coding.php

続きを読む メールアドレスの掲載方法② Javascriptで暗号化

[ssba]

メールアドレスの掲載方法①(WordPress)

WordPressのエディター(本文入力部分)にてメールアドレスを記載するときに、エンティティ化して記載したい場合、「ビジュアル」「テキスト」の切り替えなどによってエンティティが解除されたり色々不安定になります。

どうやったらさくっとメールアドレスが記載できるか?

今回はショートコードを作って書く方法を紹介します。

・・・・ていうか、エンティティじゃ不十分でしょ?っていう意見については、時間があるときに方法②を書いてフォローしようと思います。

ショートコードを新しく作るときは、functions.php に追加します。

/*
 * メアド表示のショートコード
 */
function show_email_func() {
    return '<a href="m&#97;i&#108;t&#111;:s&#105;&#98;o&#64;&#99;&#99;&#99;&#45;l&#97;bo.&#110;e&#116;">s&#105;&#98;o&#64;&#99;&#99;&#99;&#45;l&#97;bo.&#110;e&#116;</a>';
}
add_shortcode('show_email', 'show_email_func');

return ‘×××’; の×××部分を、エンティティ化した文字列を入れてください。
今回は私のダミーアドレスをいれてあります。

エンティティにはいつもこのサイトにお世話になっております。
http://www.luft.co.jp/cgi/coding.php

WPのエディタには下記を記入します。

sibo@ccc-labo.net

実際に書くと、下記のように表示されます。

sibo@ccc-labo.net

ショートコードって便利ですねー。

[ssba]

WPのアップグレードに併せて、バックアップと更新手順のおさらい

スクリーンショット 2015-08-20 13.42.21

4.3への更新がきましたね。

アップグレードは必須!
通知が来たら、時間を作って対応しましょう。
でも、忙しい時は無理をしないで、心に多少余裕のある時がいいと思います。

続きを読む WPのアップグレードに併せて、バックアップと更新手順のおさらい

[ssba]