『誰のためのデザイン? 増補・改訂版』

帯にあるように、デザインの原則について書かれた本で、優れたデザインとはどういうものかを説いた本。認知科学の視点で人間中心のデザインについて書かれたたいへん良い本でした。

この場合のデザインはインタラクティブな性質を持つモノのデザインのことで、身の回りにあるものや、人が日常的に使うものの話です。ウェブサイトもインタラクティブなデザインと言えるので、参考になる部分が多かったです。

少々分厚い本なので読むのに苦労しそうだ、と思った場合は、とにかく第1章のインタラクティブなデザインを使いよくするために「発見可能性」が重要であり、それらを構成する要素の話についてだけでも読むといいと思います。

  • アフォーダンス
  • シグニファイア
  • 制限
  • 対応
  • フィードバック
  • 概念モデル

これらを説明するくだりです。

また、エラーについて書かれた章も大変ためになりました。人に機械のような正確さを押し付けるのは間違いで、エラーは人間よりもデザインの悪いシステムに問題がある。エラーは報告され、解決されなければならない。エラーをそれが起こる仕組み別に分類し、どんな解決法が効果的かについて書かれた部分は目を通すと自分のデザインをもっとよくするきっかけになると思います。

デザイナーのみならずデザイン思考に触れたいと思う方、また、デザインを評価する立場にある方は是非とも読んでいただきたいです。25年経って再版されるほどに良い内容だったということですし、時の流れの評価を受けてきたもからは、間違いなく多くの学びが得られるものと思います。

デザイナ、デザインを評価する方向けには他にこの本もおすすめです。

[ssba]

『検索と発見のためのデザイン』

ブラウザを開いて、検索をして情報を発見するまでに、その人に何が起こっているか?を解説した本です。何気なく使っている検索機能や「探して見つける」という行為を振り返ってみるのにとても良いです。なかなか普段やっていることを自覚的に見直すことはないと思うので。

ただ、ちょっと読むのが難しい本だったなあ、という感想があります。レトリックの言い回しが唐突だったり独特だったりするので。慣れれば読めます。

システムに正しく自分の探しているものを伝えることや、その時ユーザーが何を体験するか、ということについて考える材料になると思います。

[ssba]

オライリーのしろくま『情報アーキテクチャ 見つけやすく理解しやすい情報設計』第4版

フリーランスになりたての頃、知り合ったばかりの同業者の方に「とにかくこれを読んでおくといいよ」と言われて即購入した本でした。当時は第2版でしたし、色もグリーンだった記憶がありますが。

この本を読んで、雷に打たれた気分だったのはともかく、ウェブや情報を取り扱うことって奥深いなあ、と仕事が楽しくなったのはいうまでもなく。あと、自分の勉強不足を猛省して、本にはお金をかけよう、なるべく読むようにしようと思ったきっかけでもありました。

これだけ「情報」がライフラインと同じほど大切になってきている時勢において、誰もが得をする知識が書かれている本だと思います。ビジネススキルとしても役立つと思いますし、日常的に「情報を探す」ということはどんな人でも行うのですから、生活に役立つといってもいいと思います。大学のパンキョーで必読書になればいいのに。

この記事を書いている時点でまだ全て目を通したわけではないのですが、未読の方は新しい版を読むのが良かろうと思います。前の版を読んだ方は、内容は変わっているようなので、ザーッと流し読みをしておくのは、また新たなインスピレーションを得る機会になるのではないか、と思います。

厚さ、伝わらないと思いますが、結構あります(500ページほどです。監訳者の前書きに常に携帯できるハンディーなボリューム感というふうに書いてありましたが、イッツジョーク、と受け止めています)。第2版と比べて、厚さはともかく、縦横は小さくなったので本棚に優しいのは事実かと。紙質も私は4班の方が好きです。大きさ比較はこちら。

<blockquote class=”instagram-media” data-instgrm-version=”7″ style=” background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:658px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% – 2px); width:calc(100% – 2px);”><div style=”padding:8px;”> <div style=” background:#F8F8F8; line-height:0; margin-top:40px; padding:50.0% 0; text-align:center; width:100%;”> <div style=” background:url(data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAACwAAAAsCAMAAAApWqozAAAABGdBTUEAALGPC/xhBQAAAAFzUkdCAK7OHOkAAAAMUExURczMzPf399fX1+bm5mzY9AMAAADiSURBVDjLvZXbEsMgCES5/P8/t9FuRVCRmU73JWlzosgSIIZURCjo/ad+EQJJB4Hv8BFt+IDpQoCx1wjOSBFhh2XssxEIYn3ulI/6MNReE07UIWJEv8UEOWDS88LY97kqyTliJKKtuYBbruAyVh5wOHiXmpi5we58Ek028czwyuQdLKPG1Bkb4NnM+VeAnfHqn1k4+GPT6uGQcvu2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”></div></div><p style=” color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;”><a href=”https://www.instagram.com/p/BPzNIL5FfpM/” style=” color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;” target=”_blank”>たたさん(@charcoal_cat)がシェアした投稿</a> – <time style=” font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;” datetime=”2017-01-28T07:43:08+00:00″>2017 1月 27 11:43午後 PST</time></p></div></blockquote> <script async defer src=”//platform.instagram.com/en_US/embeds.js”></script>

[ssba]

『今すぐ現場で使える コンテンツストラテジー

サイトの戦略から、実際にどのように合意形成し、完成後にも継続的にコンテンツを改善していくのかについて、とても丁寧かつ実践に役立つようにまとまったとてもわかりやすい本でした。

ツールキットが魅力的です。こういうのを、いちから作るのはそれなりに時間のかかる作業なので。また、こういったツールをきちんと持って、社内やチームで共有しておくことは財産になることだな、と思いました。

本を見たい方はお貸しできますが、ツールキットも活用したいという方は書籍を購入されることをお勧めします。

サイトでもツールがいくつか公開されているようなので(あんまりちゃんとは見てないですが)ご覧になって見てはいかがでしょうか。

Toolbox | Articles | Content Strategy Inc.(英語のサイトです)

[ssba]

『絵ときデザイン史』

ある事柄を語るとき、その略史ぐらいは頭に入れておけ、というのが信条なのですが、デザインについては通史のようなものを読んだことが無かったな…と思い、購入。他にもデザイン史と名のついた書籍はあったけど、これが1番薄かったので。

さーっと読めましたがさーっと読んだぐらいの身につき方でした。巻末にいくつか参考書籍載ってるので、ちゃんと知ろうと思ったらやっぱりそういう本を読まなきゃダメかーと思った次第です。

印象としては、19世紀かそれ以前の「デザイン」というと、美術や建築の分野として語られるものが多いので、西洋美術史の、近現代についての知識が流用可能であると感じました。デザインの語源と、デザインということが始まったと思われるタイミングについては、前にも調べて見たんですが、はっきりとしたことは分からなくて(そもそもデザインの定義ってなんだ!?というところでドツボにハマる)。

また、グラフィックインダストリアル、建築、ファッション…などなど、分野によってデザインを語るトーンは全然違うし、コミュニティデザインやソーシャルデザインとかになってくると、デザインという言葉の裾野が広すぎて( ꒪⌓꒪)

なので、分野ごとに通史や略史を学ぶのが真っ当だろうなと、思うに至りました。

読んで見たい方にはお貸ししまーす。

[ssba]