課題5:実績一覧のページを作ろう の補足3

補足2 の続きです。タームの情報を取得して、繰り返し処理を作り、制作実績のカテゴリごとに3件の記事を表示、という仕様を完成させるぞ!という段階です。あとちょっとー!

では、まず、繰り返す分の「ターム」を取得します。get_terms()を使います。
なんとなく、感覚はget_posts()を使った時と、似た感覚です。
取得したいタームの「条件」を指定し、その通りに情報をとってきてモニョモニョする、って感じです。ざっくり、実際のソースを書くと下記の通り。

<?php
$categories = get_terms(
	'works_cat',
	array(
		'hide_empty'	=> 0,
	));
foreach($categories as $term):?>

モニョモニョ

<?php endforeach;?>

get_terms()の使い方の基本は下記の通りで、まず取得したいタームの「タクソノミー(複数の場合は配列で指定)」を、次に諸条件を指定します。

get_terms( $taxonomies, $args );

$args に入れられるものはいろいろあるのですが、タームの並び順や、階層の深さ、親子関係がある場合は親を指定したり・・・などなどたくさん。
詳しくはcodexを検索してみてください。
今回 $args の部分に書いているのは「記事がないカテゴリも表示する」という意味のものだけです。
モニョモニョと書いている部分には繰り返したい処理が入ります。
今回の完成形の場合は
・タームの名前(A)
・前回書いたあるカテゴリの3件分記事を表示という繰り返し処理(B)
・制作実績カテゴリ別一覧へのリンク(C)
とかですねー。

すみません、詳しい書き方とかをまた省くのですが、出来上がったソースに対してちょっぴりだけ解説を付け足しておきます。

スクリーンショット 2015-11-02 17.53.17

この $term->slug とかの書き方が理解できてくると、WPでできることが格段に増えると思うのです。
それはまた、別の機会に解説しますー。

[ssba]

※現在スパム対策のため、コメントにhttpを含む場合のコメント入力をできなくしています。URLを書き込む際はドメイン以下から書き込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です