課題6:制作実績の分類別一覧を作る

制作実績の分類別一覧は、実績一覧と同じような感じに作ります。
1ページへの表示数は要検討ですが、今回は全て表示するようにします。

まず、twenty fifteenのテーマからarchive.phpをコピーしてきて
taxonomy-works_cat.php とリネームします。
これが制作実績の分類別一覧のテンプレートになります。

前回作った制作実績の一覧を作った時のをいろいろ流用します。

ちょっとここも細かい説明を省くんですが、下記のような感じに書きます。

<?php get_header(); ?>
			<style type="text/css">
				<!--
				.list-item {
					width: 33%;
					padding: 10px;
					float: left;
					min-height: 360px;
				}
				.list-item .thum img {
					max-width: 100%;
				}
				.archive-section {
					margin-bottom: 60px;
				}
				-->
			</style>

	<section id="primary" class="content-area">
		<main id="main" class="site-main" role="main">


			<header class="page-header">
				<h1 class="page-title">制作実績</h1>
			</header><!-- .page-header -->

		<?php if ( have_posts() ) : ?>

			<div class="archive-section clear">
				<h2 class="archive-section-title"><?php single_term_title(); ?></h2>
				<?php the_archive_description( '<div class="taxonomy-description">', '</div>' );?>

			<?php
			// ループここから
			while ( have_posts() ) : the_post();?>

			<div class="list-item">
				<div class="thum"><a href="<?php the_permalink();?>"><?php the_post_thumbnail('medium');?></a></div>
				<h3 class="list-item-title"><a href="<?php the_permalink();?>"><?php the_title();?></a></h3>
			</div><!-- .list-item -->

			<?php // ループここまで
			endwhile;?>
			</div>
			<?php // ページネーション
			the_posts_pagination( array(
				'prev_text'          => __( 'Previous page', 'twentyfifteen' ),
				'next_text'          => __( 'Next page', 'twentyfifteen' ),
				'before_page_number' => '<span class="meta-nav screen-reader-text">' . __( 'Page', 'twentyfifteen' ) . ' </span>',
			) );

		// 何も記事がなかったらcontent-none.phpを読み込む
		else :
			get_template_part( 'content', 'none' );

		endif;
		?>

		</main><!-- .site-main -->
	</section><!-- .content-area -->

<?php get_footer(); ?>

ここで、タイトルの下に制作年が表示されるように変更してみます。

<div class="list-item">
	<div class="thum"><a href="<?php the_permalink();?>"><?php the_post_thumbnail('medium');?></a></div>
	<h3 class="list-item-title"><a href="<?php the_permalink();?>"><?php the_title();?></a></h3>
	<?php if( get_post_meta($post->ID, '制作年', false)): ?>
	<div class="work-year">[<?php echo get_post_meta($post->ID, '制作年', true); ?>]</div>
	<?php endif;?>
</div><!-- .list-item -->

「制作年」というカスタムフィールドが入力されていた時だけ表示されます。

結果、こんな表示になります。

スクリーンショット 2015-08-31 17.17.01

さらに、このページにカテゴリごとの制作実績を全て掲載するようにfunctions.phpに変更を加えます。
本来、アーカイブページの一覧に表示される記事の数は、管理画面で設定することができますが、今回はpre_get_postsを利用して、アーカイブページごとに変更する方法を紹介します。

仮に、まず1ページの表示を2件にしてみます。functions.phpに下記のように書き込んでください。

//制作実績分類のアーカイブで表示数を無限にする
function change_posts_per_page($query) {
    if ( is_admin() || ! $query->is_main_query() )
        return;
 
    if ( $query->is_tax( 'works_cat' ) ) {
        $query->set( 'posts_per_page', '2' );//←ここに注目
    }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'change_posts_per_page' );

実際の表示はこうなります。

スクリーンショット 2015-08-31 17.23.57

件数を制限せずに表示(全件表示)にする時は ‘posts_per_page’ の値を-1(マイナス1)にします。

//制作実績分類のアーカイブで表示数を無限にする
function change_posts_per_page($query) {
    if ( is_admin() || ! $query->is_main_query() )
        return;
 
    if ( $query->is_tax( 'works_cat' ) ) {
        $query->set( 'posts_per_page', '-1' );
    }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'change_posts_per_page' );

こんな感じですねー。
今回もかなり説明を端折っていますが、質問などあればコメントに書き込みください。もしくはオフラインで勉強会ができた時に解説します。

[ssba]

※現在スパム対策のため、コメントにhttpを含む場合のコメント入力をできなくしています。URLを書き込む際はドメイン以下から書き込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です